logo

UPS、医療サンプルの輸送にドローンを使用--自動車だと30分、ドローンなら15秒

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米運送大手のUnited Parcel Service of America(UPS)と荷物運搬用ドローンを手がける米Matternetは、医療機関のあいだで実行する医療サンプル輸送業務にドローンを活用すると発表した。

医療サンプルをドローンで輸送(出典:UPS)
医療サンプルをドローンで輸送(出典:UPS)

 この取り組みでは、ノースカロライナ州ローリーにある病院のWakeMedから検査施設へ医療サンプルを輸送する際、自律飛行するMatternetのクアッドコプター「M2」で運ぶ。自動車を使うと渋滞に巻き込まれるなどして輸送に30分かかることもあったが、平均時速40マイル(約64km)で飛ぶドローンなら、15秒で届けられると見込む。UPSらは、時間短縮およびコスト削減というメリットに加え、患者の健康面にも良い影響をもたらすとしている。

箱に入れてドローンに装着(出典:UPS)
箱に入れてドローンに装着(出典:UPS)
自動車だと30分かかる輸送が15秒に(出典:UPS)
自動車だと30分かかる輸送が15秒に(出典:UPS)

 MatternetのM2は、最大でおよそ5ポンド(約2.3kg)の荷物を12.5マイル(約20km)先まで運べるという。

UPSによる紹介ビデオ(出典:UPS/YouTube)


 Matternetは、スイスの国営郵便会社Swiss Postと同様の取り組みを実施しており、3000回以上の輸送飛行を成功させたそうだ。

スイスでの取り組み(出典:Swiss Post)
スイスでの取り組み(出典:Swiss Post)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]