医療用サンプルのドローン輸送がスタート--スイス国営郵便が2018年に開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スイスの国営郵便会社Swiss Postは、病院間での検査用サンプル輸送にドローンを利用する取り組みに対し、スイス連邦民間航空局(Federal Office for Civil Aviation:FOCA)から許可を得たと発表した。今後、試験運用を続け、定期的なドローンを使ったサンプル輸送を2018年より実施する予定。


医療用サンプルのドローン輸送がスタート(出典:Swiss Post)

 この取り組みは、Swiss Postと、荷物運搬用ドローンを手がける米Matternet、スイス南部のティチーノ州を中心に医療サービスを提供するEOCが、2017年3月半ばから共同で進めてきたもの。ティチーノ州ルガノにあるEOCの病院間で、サンプル輸送に自律飛行ドローンを約70回試用。その結果を検討していたFOCAが、安全性や法的要件などを確認して認可した。

 Swiss Postらは2017年夏にも1カ月程度の試験輸送を実施し、安全性、実用性、信頼性の基準を満たせると判断できたら、2018年より日常的に使う計画。サンプル輸送は現在陸路で実施しているが、ドローンを使うと輸送時間が短縮され、作業効率も向上するので、患者の治療などにメリットがあるそうだ。

 輸送に使うドローンは、Matternet製クアッドコプター。ローターブレードを除いたサイズは直径80cmで、最大2kgの荷物を20km運べる。飛行速度は平均で時速36km。離陸および着陸に使われるランディングパッドは赤外線シグナルを発しており、ドローンはこのシグナルを見つけ、正確な位置に着地するという。


ランディングパッドに着地(出典:Swiss Post)

落下に備えた安全対策も検討済み(出典:Swiss Post)

 安全対策として、自律飛行システムや各種センサを二重化している。さらに、電力喪失時には、パラシュートが自動的に開く仕組み。

 なお、Swiss PostとMatternetは、配送業務でのドローン活用を以前から検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加