logo

ディライトワークスが「ミカド」協力の本格的“社内ゲーセン”を開設した狙い

佐藤和也 (編集部)2019年03月27日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ディライドワークスの社内ゲームセンター「DELiGHTWORKS × ゲーセンミカド」お披露目で登場した、ディライトワークス SWALLOWTAIL Studios スタジオヘッドの塩川洋介氏(左)と、ゲーセンミカドのオーナー兼店長の池田稔氏(中央)。右のポップは、「ゲーセンミカド」のイメージキャラクター「ミカドちゃん」のディライトワークスコラボデザイン。

 ディライドワークスの社内ゲームセンター「DELiGHTWORKS × ゲーセンミカド」お披露目で登場した、ディライトワークス SWALLOWTAIL Studios スタジオヘッドの塩川洋介氏(左)と、ゲーセンミカドのオーナー兼店長の池田稔氏(中央)。右のポップは、「ゲーセンミカド」のイメージキャラクター「ミカドちゃん」のディライトワークスコラボデザイン。

 スマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order」(FGO)の開発・運営で知られるディライトワークスは3月27日、社内に社員向けの“社内ゲームセンター”を新設。お披露目を行った。

 この社内ゲームセンターは、自社のゲームクリエーター育成を目的としたもので、開設にあたっては、高田馬場と池袋で営業するゲームセンター「ゲーセンミカド」の協力により、タイトル選定やアーケードゲーム筐体を設置。名称も「DELiGHTWORKS × ゲーセンミカド」にするという。

  ディライトワークス SWALLOWTAIL Studios スタジオヘッドの塩川洋介氏は、開設のきっかけとして、2018年から稼働を開始した、FGOをテーマにしたアーケードゲーム「Fate/Grand Order Arcade」(FGO Arcade)にあるという。塩川氏は、自分たちで開発したゲームに、1ユーザーとして同じ目線でプレイをし、フィードバックするというのが日常的にあるという。それを踏まえて、FGO Arcadeについてもユーザーと同じ環境でプレイできるようにしたいと思ったことが始まりと語った。

 その上で、ただ単にFGO Arcadeを設置するというだけにとどまらなかった理由として、2018年に社内で開設した、多種多様なボードゲームが楽しめる「ボードゲームカフェ」を挙げた。こちらも社員向けの施設ではあるが、社外も交えてボードゲームを楽しむイベントを開くことによってさまざまな交流が生まれたこと、また自社でオリジナルボードゲーム開発にあたっての研究など、メリットが大きかったと振り返る。このことから、本格的にゲームセンターと言えるぐらいのものにすれば、社内外に向けた好影響があると判断したのが経緯と説明した。

 ゲーセンミカドのオーナー兼店長を務める池田稔氏は、ゲームセンターを取り巻く環境について、時代が進み、家庭用やスマートフォン向けゲームなど娯楽の幅が広がっているなかでは、ゲームセンターに行って100円を使って遊ぶニーズが減っている状況にあると説明。「潤沢な資金がないベンチャーでは、別の切り口で埋めないといけない」と、自ら“逆張り”と表現するような、往年のビデオゲームをラインアップしているほか、さまざまな大会やユニークな企画などで運営しているという。

 ちなみに池田氏は、ゲームセンターにおいて重要なものに“ライブ感”を挙げ「仲間がいるから100円使いたくなる感覚になる」と説明するように、コミュニティ形成とライブ感を出すことに、ゲーセンミカドの特徴があるとした。

 今回のラインアップについては、限られたスペースのなかで1970年代のピンボールや、駄菓子屋に設置されていたようなエレメカ式の「国盗り合戦」、テーブル筐体や可動筐体である「スペースハリアー」といった往年のタイトル、そして2000年代ぐらいまでと比較的幅広くとっているという。なお、プレイにあたっては基本的に無料となっているが、FGO Arcadeはお金を払う形となっており、社外ともマッチングする仕様になっているという。今後タイトルの入れ替えも行っていくとしている。

 塩川氏は、「アーケードゲームならびに筐体は、ゲームをデザインする立場から見ると自由度が高い」とし、直に触ることで刺激を受けたり学ぶことで、新たなコンテンツを生み出すことに役立てていきたいと語る。またあくまで社内向けの施設ではあるが、ボードゲームカフェと同様に社外も交えた形でのイベントなども企画し、“集まって遊ぶ”ことを通じてのコミュニケーションの場として発展させていきたいとした。

 池田氏は「限られた制約のなかで、コイン一枚でも多く入れてもらえるように作られたゲームたちを触れることで、クリエーターのみなさんが得られる、フィードバックできることがある。そして新しいものが生まれることに期待したい」とし、さらにはディライトワークスが、アーケードゲームの新作を開発する未来にも期待を寄せていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]