logo

ASUS、マルウェア配信に悪用された「Live Update」ツールの修正版を公開

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2019年03月27日 13時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSは米国時間3月26日、複数の脆弱性の修正を含む新バージョンの「Live Update」ツールをリリースした。これらの脆弱性は、国家レベルのハッカー集団がバックドア「ShadowHammer」を仕込むのに悪用したもので、100万台以上の「Windows」搭載PCに影響を与える可能性があるとされていた。

提供:Logo: ASUS // Composition: ZDNet
提供:Logo: ASUS // Composition: ZDNet

 ASUSは26日のプレスリリースで、ASUS Live Updateの最新バージョン3.6.8には前述の修正が含まれると発表した。

 「(ASUS Live Update v3.6.8は)ソフトウェアアップデートなどの手段による悪意ある操作を防ぐために、安全性を確認する複数の仕組みを導入し、強化されたエンドツーエンドの暗号化メカニズムを実装した」(ASUS)

 ASUSはまた、「同様の攻撃が今後起きるのを防ぐために、サーバからエンドユーザーまでのソフトウェアアーキテクチャ」を更新し強化したと述べた。

 この問題についてはMotherboardが25日、ASUS Live Updateツールをハッカーが乗っ取り、マルウェアをひそかにデバイスにインストールしていたと報じていた。

 ASUSは26日のプレスリリースで、影響を受けたユーザー数は100万人以上とするKaspersky Labの推定値や、感染したPCは最大50万台とするSymantecの推定値を重視せず、「悪意あるコードを埋め込まれたのは少数の機器」だけだと述べた。

 ASUSによると、バックドアにされたのは、ノートPCで使われているバージョンのLive Updateツールだけであり、他のデバイスは影響を受けないという。

 研究者によると、このマルウェアは特定の標的を狙っていたという。Kaspersky Labの研究者は、標的となった600以上のMACアドレスを特定したとしている。

 ASUSはLive Update 3.6.8をリリースしたが、このバージョンにアップデートした場合に、バックドア化した旧バージョンのLive Updateの痕跡がすべて削除されるのかどうかは不明だ。

 ASUSは、同社のカスタマーサービスが、影響を受けたユーザーに連絡し、セキュリティリスクを排除できるよう支援してきたと述べた。

 ASUSがより詳しい情報を明らかにするのが待たれるが、同社の顧客は今のところ、Live Update 3.6.8にアップデートすることはできる。

 ASUSKaspersky Labは、自分の機器のMACアドレスがShadowHammer攻撃の標的になった600件に含まれるかを確認できるツールを提供している(リンク先をクリックするとzip形式でダウンロードされる)。Kaspersky Labのウェブサイトでは、ウェブ版のチェックツールも提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]