logo

ソニー、1本で立体音響を再現するバースピーカー--「ドルビーアトモス」対応も

加納恵 (編集部)2019年03月26日 13時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月26日、バースピーカー1本で3次元の立体音響を再生する、サブウーファー内蔵のサウンドバー「HT-X8500」(想定税別価格:4万円前後/4月20日発売)と、サブウーファーとサウンドバーを組み合わせた「HT-S350」(同:3万円前後/5月25日発売)を発表した。

「HT-X8500」
「HT-X8500」

 HT-X8500は、独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」と、平面方向に前後左右のサラウンドを表現するデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」により、高さ方向の音を表現する3次元の立体音響を実現。バースピーカー1本で、部屋の形状やレイアウトの影響を受けにくい、臨場感のある音響空間を再現する。

 高さ6.4cm×幅89cm×奥行き9.6cmのスリムボディに、フルレンジスピーカーを2つ、ウーファーを2つ搭載。本体中央の前面にサブウーファーを2基備えた構成で、力強い重低音を再生できる。

 最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応するほか、4K HDRパススルーや、非圧縮の5.1ch・7.1chや、ドルビーアトモス、DTS:Xといった音声フォーマットを伝送できるeARCもサポート。Bluetooth接続もでき、スマートフォンなどからワイヤレス再生も可能だ。

 HT-S350は、フルレンジスピーカー2つを内蔵したバースピーカーとワイヤレスサブウーファを組み合わせたシステム。S-Force PROフロントサラウンドに対応し、前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現。Bluetooth接続も可能だ。

 バースピーカーとサブウーファーは2.4GHz帯を用いたワイヤレス接続で、スピーカーケーブルによる配線が不要。部屋の隅やソファーの後ろなどに設置できる。

「HT-S350」
「HT-S350」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]