logo

グーグル、火星の環境に最も近い島の「ストリートビュー」を公開

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年03月26日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宇宙飛行士は、そう簡単になれるものではない。だが、火星に似た環境で知られる、北極圏にあるカナダのデヴォン島を、誰もが「ストリートビュー」で探検できるようになった。Googleが米国時間3月25日にブログで明らかにした。

提供:Google
デヴォン島は地上で最も火星に近い地形だとされている
提供:Google

 もちろん、宇宙服は不要だ。

提供:Google Maps
赤いピンで示されているのがデヴォン島だ
提供:Google Maps

 デヴォン島をストリートビューで見ると、岩だらけで何もない広大な景色が無限に広がっているのがわかる。水平線の上には雲が低く垂れ込め、地面にはATV(全地形対応車)の走行した跡が残っている。この走行跡の大半は、将来の火星探査の準備としてこの島で活動している研究チームが残したものだ。

 火星研究所の所長で「ホートン火星プロジェクト(HMP)」のディレクターを務めるPascal Lee氏は、火星で何が必要になるのかを予測するため、デヴォン島でさまざまな技術の実験をチームで行っている。

 たとえば、火星は大気が薄いため、飛行機を飛ばすのは難しく、ドローンのほうが適しているだろう。また、着陸時にはかなりの揺れが起こると予想される。

 デヴォン島の風景は火星ときわめて似ているため、未来の宇宙飛行士は、すぐに火星に馴染めるようになるかもしれない。

 「火星に初めて降り立った人は、『なんてこった。ここはわれわれが訓練していたデヴォン島そっくりじゃないか』などと言うのではないかと私は想像している」とLee氏は動画の中で述べている。

 世界最大の無人島であるデヴォン島に行くには、米国からだと飛行機を6回乗り継いで3日間かかる。だが、ストリートビューならワンクリックだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]