logo

HP、新型VRヘッドセット「Reverb」を発表--企業での利用拡大を目指す

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年03月20日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HPは、次世代の仮想現実(VR)商用ヘッドセット「HP Reverb Virtual Reality Headset - Professional Edition」を4月末に649ドル(約7万2000円)で発売すると発表した。企業での利用をさらに拡大させる動きだ。

HP

 HPはゲーミングなどを想定した消費者向けモデルの発売も発表したが、主眼は企業だと、HPのVRヘッドセット担当グローバルリード、John Ludwig氏は述べた。

 HPのゲーミングPC「OMEN」の製品マネージャーを務めたこともあるLudwig氏によると、企業向けパイロット生産が開始されたという。HPがReverbで焦点を当てる業界には、以下が含まれる。

  • 建築やプロダクトデザイン
  • ヘルスケア
  • トレーニング
  • 位置情報ベースのエンターテインメント(テーマパーク)
HP
提供:HP

 Ludwig氏によると、多くの企業コンテンツはテキストと使用事例なので、HPは最新のReverbでは快適さや解像度に重点を置いたという。「快適さは、より広範に普及するうえでの課題だった」とLudwig氏は述べた。HP Reverbの仕様に関しては、片目あたりの解像度が2160×2160、視野角が114度で、「Windows Mixed Reality」および「StreamVR」と互換性がある。デスクトップおよびモバイルPC対応3.5mのヘッドセットケーブルと、「HP Z VR Backpack」対応0.6mのヘッドセットケーブル、モーションコントローラ2個を備える。

 HPの新型ヘッドセットReverbは、解像度が「HP Windows Mixed Reality Headset」の2倍で、重量が1.1ポンド(約500g)、スペーシャルオーディオ(空間音声)をサポートし、Bluetooth接続できるペアリング済みモーションコントローラが付属する。

 筆者がReverbを試したところ、これまでに試してきたヘッドセットよりも軽く感じられ、使い心地も比較的良かった。

 気になるのはReverbがワークステーションに接続しなければならない点だが、Ludwig氏は、より高い演算処理性能を利用するためだとし、企業でのトレーニングというユースケースでは必ずしもモビリティが求められていないと説明した。

 「HP Reverb Virtual Reality Headset - Consumer Edition」は4月末に599ドル(約6万7000円)で発売される予定だ。この価格には、0.6mのヘッドセットケーブルと洗濯可能な布製フェイスクッションを除き、Pro Editionのすべての付属品が含まれる。Consumer Editionには1年間の限定保証が付いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]