logo

Facebookの最高製品責任者コックス氏とWhatsApp責任者が退社へ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月15日 09時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは相次ぐスキャンダルに見舞われ、「プライバシーを一層重視したソーシャルプラットフォーム」の構築にフォーカスしようとしている。そうした中、上級幹部2名が退社することが明らかになった。

Chris Cox
Chris Cox氏
提供:James Martin/CNET

 同社は米国時間3月14日、最高製品責任者(CPO)のChris Cox氏と、傘下のメッセージングアプリWhatsAppを統括するChris Daniels氏が退職すると発表した。

 最高経営責任者(CEO)で共同創業者のMark Zuckerberg氏は1週間ほど前に、Facebookはプライベートなメッセージングと短時間で消えるコンテンツにより注力していると述べていた。将来的にFacebookユーザーは公開されたニュースフィードよりも、メッセージングアプリにより多くの投稿をするようになるだろうと同氏は予測した。

 Cox氏は、Facebookの上級幹部の1人で、約13年間同社に勤務した。Zuckerberg氏は、Cox氏の退職に関する従業員宛てメモの中で、Cox氏は数年前から何か他のことをする意向を同氏に語っていたが、Facebookの改善を支援するために、2016年以降も同社にとどまる決断をしたと述べた。

 Cox氏の後任をすぐに指名する予定はないという。Zuckerberg氏は、Will Cathcart氏がWhatsAppの新しい責任者に就任し、Fidji Simo氏がFacebookアプリを新たに統括することを発表した。

 Zuckerberg氏は、「これは、将来に向けてプライバシー重視のソーシャル基盤の構築に取り組むわれわれが、次の章をスタートさせるにあたっての重要な変化だ」と述べている。

Cox氏とZuckerberg氏
Cox氏とZuckerberg氏
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]