logo

メルカリで売れた商品を郵便局で梱包できる「つつメルすぽっと」--首都圏5カ所で開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは3月14日、日本郵便と連携し、フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品をそのまま郵便局に持参するだけで発送可能な梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験を、首都圏5カ所の郵便局(立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局)で開始すると発表した。


 両社は、2017年6月からメルカリの配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」の提供を開始している。同サービスでは、利用者が発送時に二次元コードを使用することで、伝票を記入する必要がなくなり、発送にかかる手間を大幅に解消。さらに、出品者・購入者の双方が住所・氏名などを開示せずに取引できる匿名配送や、全国約2万100か所の郵便局および、約1万3900店舗のローソンからの発送にも対応している。

 また、メルカリ内で実施したアンケート調査では、出品未経験の利用者が「出品しない理由」について、「梱包・発送作業が大変そうだから」という答えが最も多かったという。その背景として、「(発送方法・梱包資材入手・梱包・送料の全ての軸で)どうしたらいいかよくわからない」との回答が多かったという。

 そこで、無償で利用できる梱包資材を備えた梱包場所を設け、梱包の準備をしなくても発送できる専用コーナーの開設に至った。梱包・発送をサポートすることで、ゆうゆうメルカリ便の利用拡大を目指す。ただし、各郵便局の梱包資材がなくなり次第終了となる。両社によると、同実証実験の結果を踏まえ、展開地域の拡大を検討するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]