logo

タイヤが水平なプロペラに--空飛ぶ自動車向けコンセプト、グッドイヤーが発表

Brian Cooley (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月07日 15時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米タイヤメーカーのGoodyearはこれまで、内部に生きたコケが入っているコンセプトタイヤや、ビリヤードボールのように全方向に転がる球形のタイヤを発表してきたが、このたび車を宙に浮かせるタイヤを発表した。

 「ジュネーブモーターショー2019」で発表された「Goodyear AERO」コンセプトは、路上では細身のエアレスタイヤとして機能し、ティルト(角度可変)ローターの採用により水平になったタイヤが高速回転するとプロペラの役割も果たすというものだ。近年、自律飛行する自動車の熱気が高まっていることを考えると、このコンセプトには一見の価値がある。

Goodyear
GoodyearのコンセプトタイヤAEROは、垂直な状態では路上を走行できるタイヤ/車輪として機能し、水平な状態ではティルトローター使用のプロペラになる
提供:Goodyear

 AEROの最も巧みな点は、車輪の「スポーク」がプロペラのブレードにもなることだ。傾斜のついた曲線状で、精密に製造されているこのブレードにより、スペース、費用、接地性能といった空飛ぶ自動車における多くの難題をクリアできるように思われる。

 ブレード周辺のタイヤ部分は、飛行時の回転で変形し空中分解してしまう空気入りタイヤよりも頑丈に作られる。だが空気圧によって衝撃を和らげないことには、地上走行時の振動を緩和するのに十分な柔軟性だけでなく、重要な車輪兼プロペラの構造を保護するのに十分な強度も備えた素材を考案するために、Goodyearの材料科学者らは連日徹夜する羽目になるだろう。車が1時間前に繁華街で縁石に乗り上げてしまったために、飛行後にプロペラにひびが入っているのを発見するような事態は避けたい。

Goodyear
AEROの内部は空中推進のための精緻なタービン式のファンになるが、外側はクッション性とグリップ性を備えた細身のエアレスタイヤとなる
提供:Goodyear

 Goodyearが想定しているのは、このAEROが磁気推進力で回転し、人工知能(AI)に制御されている構造だが、どちらも2019年によく言及される類いのものだ。だがより現実的なのは、AEROの光ファイバーセンサが路面状況やタイヤの摩耗をモニターすることにより、車を不備のない状態に保ち、2つの重要な使命においてきちんと機能させるという同社のビジョンだ。このビジョンは、自動車業界で急速に強まりつつあるスマートモニタリング技術への流れにも合致する。前輪に内蔵された音響センサで濡れた路面を検知する「Porsche 911」の新機能「Wet Mode」や、車内の乗員を検知できるTexas Instrumentsのミリ波利用の車内モニタリング技術がその例だ。

 こういった「タイヤ」の最も興味深い点は、これらが自律“飛行”する車に必要な部品だということかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]