logo

「Apple Watch」に睡眠トラッキング機能、2020年までに搭載か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月27日 11時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、「Apple Watch」の今後のバージョンに搭載する睡眠モニタリング機能を開発中だと、Bloombergが報じた

James Martin/CNET
Apple Watchに間もなく睡眠モニタが搭載されることになるかもしれない
提供:James Martin/CNET

 Bloombergがこのプロジェクトに詳しい情報筋の話として報じたところによると、この機能は数カ月間にわたって検証されており、機能性の検証結果が良好であれば2020年までにApple Watchに追加される可能性があるという。睡眠モニタを搭載したフィットネスバンドがすでに出回っているが、Fitbitなどの企業がすでに競争で優位に立っているとしても、Appleの存在がそういった企業の優位性を揺るがすことになるかもしれない。

 Apple Watchは現在、睡眠トラッキング機能を備えていないが、サードパーティーのアプリを使えばApple Watchを睡眠トラッカーとして利用できる。他のフィットネストラッカーのように、睡眠モニタはユーザーが夜の睡眠時間やレム睡眠のサイクルの長さ、眠りが浅い時に寝返りを多く打っているかなどを把握するのに役立つ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]