logo

ベンキュー、色再現力にこだわった新4Kプロジェクター--手乗りサイズのポータブルモデルも

加納恵 (編集部)2019年02月26日 19時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベンキュージャパンが、4Kプロジェクターのラインアップを拡充する。2月26日、ミドルクラスとなる4K UHD HDR対応モデル「HT3550」を発表。あわせて、DCI-P3色域カバー率100%を実現した「HT5550」などを披露した。

 HT3550は、0.47型DMDパネルを搭載したDLPプロジェクター。3840×2160ピクセルの4K UHD解像度で、2.5mの距離があれば、100インチサイズでの投写が可能だ。

「HT3550」
「HT3550」
HT3550の背面
HT3550の背面

 徹底した色再現性にこだわり、正確な色を提供する「Cinematic Color」技術を搭載。DCI-P3色域カバー率94%を実現したほか、カラーマッピング技術を加えることで緑と赤の再現力を高め、自然で実物に近い色を映し出すとしている。独自の「HDR-PROテクノロジー」を備え、ブルーレイなどに採用されているHDR10方式と放送用のHLG方式の2つをサポート。アクション系の3D映画なども臨場感ある映像を再現する。

 サイズは高さ127mm×幅380mm×奥行き263mmで、重量約4.2kg。1.3倍光学ズーム、縦型レンズシフトにより、設置の自由度も高く、縦自動台形補正機能はプロの手で調整されたような理想的な形を実現する。発売は4月19日。想定税別価格は20万円前後になる。

 会場で披露されたHT5550は、DCI-P3色域カバー率100%を実現したモデル。画質を重視したシアター専用モデルとしており、レンズ上部に防塵フードを配置し、ホコリの侵入を抑えるほか、マットな材質を用いることで、環境光の反射を減少する。発売日は未定。

 1.6倍の高額ズームに対応し、レンズシフト機能も採用。HT3550同様にHDRはHDR10方式とHLG方式の2つをサポートする。HT3550、HT3550はともに、全11枚のガラスレンズを搭載。光の透過量を増加している。

「HT5550」の発売日は未定
「HT5550」の発売日は未定
HT5550の背面
HT5550の背面

 ポータブルプロジェクター「GV1」も発表した。高さ155mm×幅80mm×奥行き80mmのコンパクトボディで、重量は約708g。Wi-Fi、Bluetoothに対応し、スマートフォンやPC、タブレットなどをつなげて投写できる。

 ネック部にチルトヒンジ機能を備え、上部を傾けて投写することが可能。投影サイズは30~100インチで、画像を正方形に映し出す台形補正機能も搭載する。0.2型のDMDパネルを搭載し、解像度は854×480ピクセルのWVGAサイズ。光源はLEDで、通常使用で2万時間、エコモードで3万時間の使用に対応する。内蔵バッテリーにより、持ち運びも実現。3時間の投影が可能だ。発売は3月26日を予定。想定税別価格は4万3000円前後になる。

「GV1」
「GV1」
GV1の投写風景
GV1の投写風景
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]