logo

「Googleアシスタント」専用ボタンを搭載するAndroidスマホが登場へ

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月26日 10時16分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、音声アシスタント「Googleアシスタント」を文字通りいつでも手元で利用できるものにしたいと考えている。そのため、同社は「Android」スマートフォンを手がける複数のメーカーと提携し、2019年内におよそ1億台のスマートフォンに専用ボタンを搭載することにした。バルセロナで開幕した「Mobile World Congress(MWC)2019」で発表した。

 このGoogleアシスタント専用ボタンというアイデアに乗ったメーカーは、LGとNokia、および小米(シャオミ)だ。Googleによれば、今後発売されるLGの「G8 ThinQ」と「K40」、Nokiaの「Nokia 3.2」と「Nokia 4.2」、シャオミの「Mi Mix 3 5G」と「Mi 9」などのモデルにアシスタントボタンが追加されるという。MWCでは、アシスタントボタンを持つこれらの新しいモデルも発表された。

 さらにTCLとVivoも、2019年内にGoogleアシスタントボタン付きのスマートフォンを発売する予定だ。これらをすべて合わせると、2019年には1億台のデバイスにGoogleアシスタント専用ボタンが搭載されるとGoogleは見込んでいる。

 Androidスマートフォンに搭載されるアシスタントボタンは、Googleの「Pixel 2」に搭載された「本体の側面を押してアシスタントを起動」する機能を拡張したものだ。

 Googleはまた、SMSに「WhatsApp」などのメッセージアプリ並みの機能をもたらす世界標準規格「RCS(Rich Communication Services)」に対応したサービスの導入を進めている。同社によれば、すでに24カ国でRCSサービスを開始したという。

 さらにGoogleは、スマートフォンの利用時間を制限できるツール「Digital Wellbeing」を使えるモデルを増やそうとしている。すでに「Pixel」と「Android One」では利用が可能だが、その他のモデルでも、Motorolaの「Moto G7」シリーズを皮切りに利用できるようにするという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]