logo

「Googleアシスタント」がAndroidの「メッセージ」アプリで利用可能に

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月26日 09時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月25日、「Android」端末の「メッセージ」アプリ(英語版)で「Googleアシスタント」を利用できるようにすると発表した。Googleアシスタントは、Amazonの「Alexa」やAppleの「Siri」に似たデジタルアシスタントソフトウェアで、ニュースのヘッドラインを読み上げたり、フライトのチェックイン手続きをしたり、廊下の電気を消したりすることができる。

提供:Andrew Hoyle/CNET
提供:Andrew Hoyle/CNET

 メッセージアプリ上で起動させた場合には、主に映画、外食、天気の3つの分野に関する会話に情報を付加する。例えば、友人とチャット中にサンフランシスコのレストラン「Halu」に言及すると、Googleアシスタントは、そのレストランに関する詳細情報を記したカードを友人に送信するように勧めてきたりする。この提案は、チャットアプリでキーボードの上に出てくる自動返信案「スマートリプライ」の隣に表示される。

 Googleはスペインのバルセロナで開幕したMobile World Congress(MWC)でこれを発表した。

 さらに同日、少々意外なデバイスにもGoogleアシスタントを拡大する計画を明らかにした。そのデバイスとは、フィーチャーフォンだ。

提供:Andrew Hoyle/CNET
提供:Andrew Hoyle/CNET

 同社は、新興市場のフィーチャーフォンや安価なデバイス向けに開発されたモバイルOS「KaiOS」に音声入力を導入する。音声入力は、キーボードやテンキーが小さいローエンド端末では特に役立つと予想される。端末のGoogleアシスタント起動ボタンを押すことで、画面の文字入力エリアに音声で入力することが可能となる。

提供:Andrew Hoyle/CNET
提供:Andrew Hoyle/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]