logo

カシワバラ、建設系ITスタートアップに投資する「JAPAN CON-TECH FUND」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシワバラ・コーポレーション(カシワバラ)は2月21日、建設分野における技術革新の推進を目的として、建設系ITスタートアップに投資する「JAPAN CON-TECH FUND」を、3月より当初投資枠50億円で開始すると発表した。発表にあわせ、専用サイトでJAPAN CON-TECH FUNDの支援を希望する企業の募集を開始する。

「JAPAN CON-TECH FUND」
「JAPAN CON-TECH FUND」

 Con-Tech(建設テック)は、Construction(建設)とTechnology(技術)を含み、「建設業界でのIT活用」を意味する造語。米国を中心に2010年頃からCon-Tech領域でのスタートアップ企業の創業が増加しており、日本国内においても、生産性向上に向けた課題解決を目的としたスタートアップ企業が増えているという。

 JAPAN CON-TECH FUNDでは、スタートアップ企業にリスクマネーと成長ノウハウを供給し、建設業界に新たなテクノロジーの風を吹き入れることで、双方の事業創出と成長を支援。参入障壁の高い建設業界における新技術の実証実験と、導入支援のために、多くの建設現場を提供するとしている。

 カシワバラは、1949年の創業以来、70年にわたり「塗装」を軸とした事業を展開し、マンション大規模修繕等を手がけるトータル・リノベーション・カンパニー。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]