logo

「Galaxy S10」のカメラ、Instagram対応の新モードを搭載--直接シェアが可能に

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)2019年02月21日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは米国時間2月20日、新型スマートフォン「Galaxy S10」のカメラに搭載される「Instagram Mode」機能を発表した。Facebook傘下の写真共有アプリ「Instagram」とカメラを連携させるものだ。これにより、カメラから直接、Instagramのフィルターを使ったり、ストーリーやステッカーにアクセスしたりできる。また、撮影した写真や動画を、カメラアプリから移動することなくInstagramにアップロードすることも可能になる。

 ただしInstagram ModeをGalaxy S10で利用できるのは、Instagramをすでに端末にダウンロード済みの場合に限られる。

 20日にサンフランシスコで開催された「Unpacked」イベントには、Instagramを統括するAdam Mosseri氏も登場し、「S10でのInstagramの使い勝手を見直すためにサムスンと共同で取り組んできた」と語った。さらに、サムスンの新型モデルについて「Instagramで自分を表現するのに最高の方法」になるとした。

 この機能を紹介するため、Mosseri氏はイベントのステージ上で、サムスンのモバイル部門の責任者を務めるD.J.Koh氏と共に自撮りをした。

 「Instagramの使命は、大好きな人や物にユーザーを近づけることだ。当社は常に、ユーザーが自分を表現したり友達とつながったりする、新しい方法の開発に取り組んでいる。ユーザーの皆さんが今後、何をシェアするか楽しみにしている」とInstagramの広報担当者は声明で語った。

自撮りをする両氏
自撮りをする両氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]