logo

プロジェクト管理ツール「Backlog」がビジネスチャット「Slack」などと連携

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年02月21日 17時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヌーラボは2月21日、同社が提供するプロジェクト管理ツール「Backlog」が、ビジネスチャットツール「Typetalk」との連携を強化したほか、「Slack」と「Chatwork」についても連携を開始したと発表した。

キャプション

 Backlogは、課題管理やスケジュール管理、ドキュメント管理など必要な情報を「ストック型」のログとして集約し、プロジェクト進行の進捗を手助けするツール。現在、SaaS版とインストール版の2つの形態で提供している。

 今回、もともと連携していたTypetalkに加えて、SlackとChatworkとも連携を開始した。具体的には、Backlogで課題の登録や更新、コメントなどのアクションがあった際に、指定したチャンネル/ルームに通知されるようになる。APIやWebhookなど、難しい設定をすることなく誰でも簡単に日ごろ使っているチャットツールと連携できるようになった。

 すでに連携していたTypetalkについては、Backlogで課題へのアクションがあった際の通知だけでなく、Typetalkのメッセージをチェックボックス形式で選択し、Backlogの課題を作成したり、TypetalkにBacklogの課題キーを投稿すると自動的に課題へのリンクになったりと、より強固な連携を図っているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]