logo

ワイヤレス給電のWiTricity、クアルコムのEV向け充電技術「Qualcomm Halo」を買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイヤレス給電技術を手がける米国のWiTricityは、QualcommおよびQualcomm Technologiesから電気自動車(EV)向けワイヤレス充電システム「Qualcomm Halo」に関する技術プラットフォームや特許などの知的財産を買収した。

WiTricityのEV向けワイヤレス充電システム(出典:WiTricity)
WiTricityのEV向けワイヤレス充電システム(出典:WiTricity)

 EV用の非接触充電(WEVC)は、スマートフォンなどで採用される非接触充電技術のQiと同様に、EVを充電機構と接触させずに充電する技術。地面に敷設するなどした充電パッドからEV側の受電パッドに非接触で電力を供給できるため、充電ケーブルを接続する作業が必要ない。自宅のガレージなどに設置しておけば、駐車するだけで充電を始められる。ケーブル接続の作業が不要なので、自動運転車の充電も無人で実行可能となる。

QualcommのWEVC(出典:Qualcomm)
QualcommのWEVC(出典:Qualcomm)

 WiTricityとQualcommは以前から協力関係にあり、国際的な標準化団体と連携して技術支援などに取り組んできたそうだ。今回の買収により、WEVC技術の標準化に向けた動きがスムーズになり、WEVCに関する自動車メーカー間の互換性も向上するとしている。

 また、WiTricityがQualcommの各種資産を買収した一方、QualcommはWiTricityの少数株主になる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]