logo

テスラ、スーパーキャパシタ技術のMaxwell Technologiesを買収へ--100%子会社化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 蓄電技術の一種であるスーパーキャパシタ(ウルトラキャパシタ)開発などを手がける米Maxwell Technologiesは、Teslaによる買収で最終合意に至った。買収は株式交換で実施し、MaxwellはTeslaの100%子会社になる。

Maxwell Technologiesのウェブサイト(出典:Maxwell Technologies)
Maxwell Technologiesのウェブサイト(出典:Maxwell Technologies)

 Maxwellは、電力供給および電力蓄積向けの各種ソリューションを開発、提供する企業で、特にスーパーキャパシタに関する特許や技術、製品を持つ。一方のTeslaは、電気自動車(EV)と大容量バッテリーのメーカーであり、現在はリチウムイオン電池を採用している。今回の買収で、Teslaはスーパーキャパシタ技術を獲得することになる。

各種スーパーキャパシタ製品(出典:Maxwell Technologies)
各種スーパーキャパシタ製品(出典:Maxwell Technologies)

 Teslaは、Maxwellの全発行済株式を1株当たり4.75ドル(約522円)で、Teslaの普通株と交換して買収を実行する。買収手続きは、2019年第2四半期末までに完了する見通し。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]