logo

[ブックレビュー]仕事で差がつく交渉術を身につける--「交渉学が君たちの人生を変える」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大和書房
詳細:単行本(ソフトカバー) / 224ページ / 大和書房 / 著者:印南 一路 / 発売日:2018/12/20 / 外形寸法 (H×W×D):17.8cm×13.2cm×1.8cm / 重量:0.3kg
内容:「交渉」というと、会社の契約に関わることや国家間の取り決めなど、大きなことが思い浮かぶかもしれないが、誰でも小さな交渉は無意識のうちに行っている。本書は、交渉の基本的な考え方から始まり、さまざまな戦略があること、ダメなパターン、身近な交渉ごとなどが分かりやすくコンパクトにまとめられており、入門書として最適だ。
「交渉学が君たちの人生を変える」
「交渉学が君たちの人生を変える」

 「交渉」というと、会社の契約に関わることや国家間の取り決めなど、大きなことが思い浮かぶかもしれないが、誰でも小さな交渉は無意識のうちに行っている。それが、無意識のままでは、交渉を有利に進めたり戦略的に進めたりするのは難しい。交渉について学ぶことによって、自分たち側にとって有利になるように交渉を進められるようになるだけでなく、交渉しやすい相手となることによるメリットもありそうだ。

 本書は、交渉の基本的な考え方から始まり、さまざまな戦略があること、ダメなパターン、身近な交渉ごとなどが分かりやすくコンパクトにまとめられており、入門書として最適だ。交渉戦略などというものとは無縁だと思っていた筆者でも「なるほど」と頷きながら最後まであっという間に読んでしまったのだから間違いない。

 もちろん、本書を読んだら即交渉に強くなるなどという幻想は抱かないが、特に、仕事で営業などを担当している場合には、すぐにでも役立つ場面が訪れるであろう。そうでなくても、パターンを知っているのと知らないのとでは雲泥の差で、実践の場で、明らかにこれまでとは違う対応を取れるようになるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]