logo

「TikTok」、クリエイター育成プログラムを開始--2018年のMAUは950万人

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ショートムービーアプリ「TikTok(ティックトック)」を提供するByteDance(バイトダンス)は1月31日、2018年の実績を振り返るとともに、新たにクリエイター育成プログラムを開始することを発表した。

TikTokは「エンゲージメント」が高い

 2018年に最も注目されたサービスのひとつであるTikTokは、15秒間の短い動画を共有できるプラットフォームだ。「TikTokの最大の魅力は、モバイルオンリーであること。スマートフォンに特化したエクスペリエンスを強く打ち出している」と、ByteDance グローバル・ビジネスデベロップメント本部長の井藤理人氏は語る。

 コンテンツはバラエティに富んでおり、音楽のみならずグルメや旅行、スポーツなど多岐に渡っている。TikTokはそれらのコンテンツを人工知能によりユーザーに効率よくマッチングさせている。「TikTokを使い始めると、利用時間がどんどん長くなるという声をよくいただく。それはAIがうまく機能していて、そのユーザーが興味を持つコンテンツを表示しているからだ」(井藤氏)。

ByteDance グローバル・ビジネスデベロップメント本部長 井藤理人氏
ByteDance グローバル・ビジネスデベロップメント本部長 井藤理人氏

 TikTokはエンゲージメントが高いと井藤氏はいう。「ハッシュタグチャレンジ」というハッシュタグに合わせた動画を募集するイベントがTikTok内でよく開催されているが、参加率は全体の52%に上るという。また、動画で紹介されたアプリやゲームをダウンロードしたことがあるユーザーは30%、動画で紹介されたアプリやゲームを検索したことがあるユーザーは21%、動画で使用された楽曲をダウンロードしたことがあるユーザーは21%いるという。

 TikTokの人気を証明する数値も明らかにされた。TikTokは150の国と地域をカバーしており、75の言語に対応している。2018年には、iOS版アプリのダウンロード数が世界1位を記録したという。「これはFacebookを超えるランキングであり、非常に喜ばしい結果だった」(井藤氏)。

 日本で人気があるコンテンツは、国内の一般クリエイターが手がけたものという特徴がある。そして音楽やネタに関しても、国内独自のものが人気だという。ジャンルも多彩であり、絵画・陶器、ショートコントなど、60%以上が音楽とダンス以外のジャンルだという。

TikTokコンテンツのトレンドは音楽とダンス以外に移っている
TikTokコンテンツのトレンドは音楽とダンス以外に移っている

 井藤氏は、TikTokのパートナーシップについても語った。Apple、NBA、ソフトバンク、紅白歌合戦など、音楽、スポーツ、キャリア、メディア、ライフスタイル&観光といった、国内外の幅広いジャンルの企業と提携しているという。

TikTokのパートナー企業
TikTokのパートナー企業

2018年のMAUは950万人

 続いて、ByteDance副社長の西田真樹氏が登壇し、2019年の展望を語った。西田氏は2018年Q4のMAU(月間アクティブユーザー)が950万であることを明かした。「約1年でこのボリュームになった。これほどの成長を遂げられたプラットフォームはなかったのではないか」と西田氏は胸を張る。TikTokのMAUは今回初めて明かされた数字だ。ユーザーエンゲージメント(いいねやコメント、シェアの割合)は91%であるという。動画の投稿率は66%。ユーザーの半数以上が動画を作成、投稿している。

ByteDance 副社長 西田真樹氏
ByteDance 副社長の西田真樹氏

 同社は2018年7月から、TikTokをプラットフォームにした広告事業を開始している。グローバル企業らしく、グローバルブランドが多く名を連ねていると西田氏は述べた。消費財系のメーカーからは特に好評で、キャンペーンや広告のリピートも多いという。

広告出稿やキャンペーンを展開した企業
広告出稿やキャンペーンを展開した企業

 西田氏は、「15秒という限られた時間の中で、ユーザーとクリエイターが支え合って、非常に効率の良いコミュニケーションが生まれている。そのコミュニケーションの中で広告主やパートナーが色々なビジネスを行っている。そこで我々は、ユーザーがもっと楽しいコンテンツを見つけられるように、クリエイターがもっと面白いコンテンツを作れるように、そしてパートナーが事業をうまく回していけるようなプラットフォームを突き詰めていきたい」と、2019年の事業展開について語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]