logo

サムスン、1TBのスマートフォン向けeUFS量産開始

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)2019年01月31日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは現地時間1月30日、1テラバイトのembedded Universal Flash Storage(eUFS)の量産を開始したと発表した。これまでの512Gバイト版とパッケージサイズは同じだが容量は2倍となる。サムスンは、業界初となる1テラバイトのeUFSだとしている。

提供:Angela Lang/CNET
2018年に発売されたサムスンの「Galaxy Note9」の内蔵ストレージは512Gバイトだ。同社はスマートフォンでその倍となる1テラバイトの容量を実現しようとしている。
提供:Angela Lang/CNET

 サムスンは、この大容量ストレージによって、次世代のスマートフォンで「ノートPCに近い」体験を実現することに期待しているという。1テラバイトの内蔵ストレージを持つスマートフォンでは、10分の4K解像度動画を260本保存可能になると、サムスンでは説明している。「現在のハイエンドのスマートフォンで広く用いられている」64GバイトのeUFSでは、同じサイズの動画を13本しか保存できないという。

 さらにサムスンは、データ転送スピードもmicroSDカードの10倍相当にまで高速化されたとしている。

 スマートフォンメーカーは、飽和気味の市場で差別化を図ろうと、より高品質のカメラを搭載したり、バッテリの持続時間を改善するなど、デバイスの性能を追求している。だが、カメラやコンテンツキャプチャ技術が改良されると、高画質の写真や4K動画をすべて保存できるより大きなストレージへの需要も高まる。

 サムスンの次世代モデルとして予想されている「Galaxy S10」は、1テラバイトのストレージを内蔵するとともに、背面に4基、前面に2基のカメラを搭載すると報じられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]