logo

セガとKONAMI、AM向けマルチ電子マネーサービスでQRコード決済に対応

佐藤和也 (編集部)2019年01月25日 14時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガ・インタラクティブとコナミアミューズメントは1月25日、共同展開しているアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスについて、新たにQRコード決済への対応を発表した。

アミューズメント機器での利用イメージ
アミューズメント機器での利用イメージ

 このマルチ電子マネーサービスは、TFペイメントサービスの提供するクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud」(シンカクラウド)を採用。シンカクラウドが新たにQRコード決済にも対応することにあわせて、マルチ電子マネーサービスでもQRコード決済が可能になるという。

 第1弾として、2019年春に中国のアリババグループの関連会社であるアント フィナンシャル サービスグループが提供する「Alipay」(アリペイ)と、同じく中国で多く利用されている、コミュニケーションアプリ「WeChat(ウィーチャット)」内で提供される決済サービス「WeChat Pay」(ウィーチャット ペイ)に対応。

 さらに、2019年夏以降に「楽天ペイ(アプリ決済)」「d払い」「LINE Pay」「PayPay」といった、国内のQRコード決済サービスにも順次対応予定という。

対応予定のブランド
対応予定のブランド

 シンカクラウドにおいては、クラウド上で決済処理を行うため、店舗側や端末に提示・表示されたQRコードを消費者がスマホのアプリで読み取って決済する「店舗掲示型(読み取り支払い)」の決済サービスと、消費者が提示したQRコードを店舗の端末やPOSレジで読み取り決済する「消費者提示型(コード支払い)」の決済サービスの両方式への対応が可能。マルチ電子マネーサービスでは店舗掲示型の決済サービスを使用するため、店舗側はカメラなど追加の設備投資が必要なく、すでにアミューズメント機器に設置されているシンカターミナルを取り外すことなく、ソフトウェアをオンラインアップデートするだけで対応が可能となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]