logo

ボーイングの「空飛ぶタクシー」、最初の飛行テストを完了

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月24日 10時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Boeingは米国時間1月23日、空飛ぶ電動タクシーに利用する垂直離着陸機(VTOL)が、初の試験飛行を完了したと発表した。ここでは、飛行という言葉のつかわれ方に注意が必要だ。初期段階にあたる今回の試験では、自動制御で垂直に離陸し、ホバリング(空中停止)し、着陸する能力を確認しただけにすぎない。将来的には、最も難しいとBoeingが指摘する州間の移動などを含むように、試験を拡大する予定だ。

提供:Boeing
提供:Boeing

 名前がまだなく、ただ乗客航空機(Passenger Air Vehicle:PAV)のプロトタイプと呼ばれているこの機体は、離陸から着陸まで、完全な自動飛行を目指している。バッテリ駆動の電気モーターを動力とし、航続距離は最大で50マイル(約80km)、機体の全長は30フィート(約9.1m)、全幅28フィート(約8.5m)という大きさだ。搭乗可能な人数をBoeingは明らかにしなかったが、1枚だけ提供された写真から判断すると、少なくとも大人2人は乗れるようだ。

 未来の航空モビリティ開発を担当するBoeing Nextグループを通じて、Boeingが開発を進めているのはこれだけではない。同社は今回テスト飛行を行った航空機の貨物版にも取り組んでおり、こちらは500ポンド(約230kg)の積荷を運ぶことができる。屋内テストはすでに完了しており、2019年内に屋外テストを行う予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]