logo

日本HP、バッテリーパックの自主回収プログラムの対象を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本HPは1月18日、1月5日から実施している一部のHP製ノートPCおよび、モバイルワークステーションに搭載されたバッテリーパック(保守サポートで修理交換したバッテリーパック含む)の自主回収プログラムについて、その後の調査により、回収対象が増加したと発表した。

 同問題は、サプライヤーの1社から提供されたバッテリーパックに、潜在的な安全上の問題があることが判明ことから自主回収を行い、交換を含めた対応をおこなっていたもの。対象となるのは、2015年12月から2018年4月に販売した一部のノートPCとモバイルワークステーションに搭載したバッテリーパックの一部および、2015年12月から2018年12月の間に保守サポートで修理交換したバッテリーパックの一部。

 対象となるバッテリーパックは、日本国内で797個あるが、国内において事故の報告はないとしている。

 交換対象の確認は、専用ウェブサイトよりダウンロードできる、バッテリパックチェックツール(HP Battery Program Validation Utility)を使って行う。

 同社では、該当のバッテリーパックを所有している場合は交換の間、製品を「バッテリ安全モード」に設定し、常にACアダプターに接続して使用することをすすめている。

 なお、交換対象となるバッテリーパックを搭載した可能性がある国内販売製品は下記の通り。

  • HP ProBook 640 G2 Notebook PC
  • HP ProBook 645 G2 Notebook PC
  • HP ProBook 650 G2 Notebook PC
  • HP ZBook Studio G3 Mobile Workstation
  • HP ZBook 17 G3 Mobile Workstation
  • HP ZBook 17 G4 Mobile Workstation

 また、保守サポートで修理交換した保守部品に対象バッテリーパックが含まれる可能性がある国内販売製品は以下の通り。

  • HP ProBook 640 G2 Notebook PC
  • HP ProBook 645 G2 Notebook PC
  • HP ProBook 650 G2 Notebook PC
  • HP ProBook 655 G2 Notebook PC
  • HP ProBook 640 G3 Notebook PC
  • HP ProBook 645 G3 Notebook PC
  • HP ProBook 650 G3 Notebook PC
  • HP ProBook 655 G3 Notebook PC
  • HP ProBook 455 G4 Notebook PC
  • HP ProBook 470 G4 Notebook PC
  • HP ProBook 430 G5 Notebook PC
  • HP ProBook 450 G5 Notebook PC
  • HP ProBook 470 G5 Notebook PC
  • HP ZBook Studio G3 Mobile Workstation
  • HP ZBook Studio G4 Mobile Workstation
  • HP ZBook 17 G3 Mobile Workstation
  • HP ZBook 17 G4 Mobile Workstation
  • HP mt20 Mobile Thin Client
  • HP Pavilion x360

 すでに自主交換プログラムにて交換したバッテリーパックは対象外となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]