logo

SMSや通話ログへのアクセス制限に違反するアプリ、「Google Play」から削除へ

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年01月16日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年が新しくなっても、プライバシーの懸念はまだ終わりそうにない。

 Googleは米国時間1月14日のブログ記事で、ユーザーのSMSや通話ログの情報を集めているアプリのうち、許可申請が提出されていないものを「Google Play」ストアから今後数週間で削除していくと発表した。Googleの新しいポリシーでは、ユーザーが自分のデータをさらにコントロールできるようにするため、SMSと通話ログへのアクセスを制限している。今回の発表はこの新ポリシーを開発者に改めて周知するものだ。

 この新たな制限は、2018年10月に最初に発表され、許可のリクエストを見直す期間として開発者には90日の猶予が与えられた。FacebookのCambridge Analyticaに関する騒動など、2018年は数々のデータ漏えいスキャンダルが見出しを飾った。Googleの変更は、ユーザーのプライバシーへの注目が急上昇する中で進められた。

 Facebookも、「Android」アプリにパスワード不要でログインできるようにする「Account Kit」を使用している開発者に対し、Googleの新しいポリシーに沿って変更するよう警告した。

 開発者は、Googleの追加審査を求めて許可申請フォームを提出することも選べる。ただし、Googleはコンプライアンスに厳しくなっており、Android Policeによると、開発者の要請がすでにいくつか却下されたという。

Googleの社屋
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]