logo

ドイツ地裁、クアルコムの訴えを棄却--対アップル特許訴訟

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年01月16日 12時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツの裁判所は現地時間1月15日、QualcommがAppleを相手取って起こした最新の特許訴訟を、訴えに「根拠がない」として棄却した。

 これとは別に、米特許商標庁(USPTO)の特許審判部も米国時間1月15日、Appleに侵害されたとして米国際貿易委員会(ITC)で係争中となっているQualcommの特許3件について、再審理を行うと述べた。

 ドイツでの訴訟は、「iPhone」の「バルクテンション」(バルク電圧)と呼ばれるものに関連している。マンハイムの地方裁判所が下した裁定(ドイツ語)を翻訳して読むと、スマートフォンの電圧が一定でないことから、AppleはQualcommの特許を侵害していないとされている。同地裁は訴えを棄却したものの、Qualcommは上訴できるとしている。Qualcomm自身も上訴する計画であることを明らかにしている。

 15日のマンハイム地裁による判断は、Appleを相手取った訴訟で概ね勝訴してきたQualcommにとって打撃となる。2018年12月、ミュンヘンの裁判所は、スマートフォンの省電力に関するQualcommの技術をAppleが侵害したと判断し、Appleに対してドイツでの端末販売の差し止めを命じた。これに先立ち、同じ12月、中国の裁判所はAppleの中国子会社4社に対し、特許侵害を理由にiPhoneの輸入や販売を停止するよう命じた

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]