logo

旧「iPhone」、中国で販売差し止め命令--クアルコムの特許を侵害

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月11日 07時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとQualcommの係争が続く中、「iPhone」は中国で障害に突き当たったかもしれない。

 中国の裁判所は、Appleの中国子会社4社に対し、「中国における『iPhone 6S』『iPhone 6S Plus』『iPhone 7』『iPhone 7 Plus』『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』『iPhone X』の輸入、販売、販売の申し出」を直ちに停止することを命じたと、Qualcommが米国時間12月10日に声明で明らかにした。それによると、Qualcommは自社が保有する2件の特許を侵害しているとしてApple子会社に対する仮差し止め命令を求めていたが、裁判所がこの主張を認めたという。

 Appleは、中国でiPhone全機種の販売を続行すると述べた。

 「当社の製品を禁止しようとするQualcommの動きは、違法な事業慣行が世界中で規制当局の調査下にある同社の自棄的な行為の1つだ」とAppleは声明で述べた。「iPhone全機種をこれまでどおり中国の顧客に提供する。Qualcommは、これまで挙げたことのなかった3件の特許を侵害の対象として挙げている。そのうちの1件は既に失効している。われわれは法廷を通じてあらゆる法的選択肢を追求していく」(Apple)

 このような仮差し止め命令を受けた場合、企業は通常、命令の一時的停止を求める。

 Qualcommは、裁判所の判断を称賛した。

 「Appleは、当社への補償を拒否する間も当社の知的財産による恩恵を享受し続けている。こうした裁判所命令は、Qualcommの広範な特許ポートフォリオの強さにさらなる確証を与えるものだ」と、Qualcommのエグゼクティブバイスプレジデントで法律顧問を務めるDon Rosenberg氏は声明で述べた。

 Qualcommによると、今回対象となっている特許は、iPhoneユーザーが写真のサイズや見た目を調整および再フォーマットしたり、端末上でアプリケーションを表示、操作、終了するときにタッチスクリーンを使用してアプリケーションを管理したりできるようにする技術に関するものだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]