logo

グーグル、高度なメッセージング機能を提供するRCSを「Google Fi」でサポート

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月15日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Google Fi」ネットワークへの重要なアップデートを実施し、「Messages」アプリの「Rich Communication Services」(RCS)をサポート開始した。

 RCSは標準的なShort Message Service(SMS)を大幅に進歩させたもので、既読を通知する機能、相手が文字を入力中であることを示す機能、Wi-Fi経由でテキストを送受信する機能、より高解像度の写真や動画を送信する機能を提供する。

 Googleによると、RCSアップデートの提供は米国時間1月14日より開始され、「今後数週間」をかけて行われるという。

 Google Fi向けに設計されたスマートフォンは自動的にアップデートされ、RCSが有効化される、と同社は述べた。それらのスマートフォンには、Googleの「Pixel 3」「Pixel 3 XL」、Motorolaの「Moto G6」、LGの「LG V35 ThinQ」などが含まれる。

 ほかのGoogle Fi対応スマートフォンでもRCSは利用できるが、Messagesアプリをダウンロードしてデフォルトのメッセージアプリに設定する必要がある。

提供:John Kim/CNET
提供:John Kim/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]