logo

初代日本一に西武--eスポーツ「パワプロ・プロリーグ」日本シリーズが開催

佐藤和也 (編集部)2019年01月12日 21時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」を制した、埼玉西武ライオンズ。左から球団マスコットのレオ、主将のBOW川選手、ミリオン選手、なたでここ選手。

 「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」を制した、埼玉西武ライオンズ。左から球団マスコットのレオ、主将のBOW川選手、ミリオン選手、なたでここ選手。

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は1月12日、東京のTFTホールにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」を開催した。

 eBASEBALL パワプロ・プロリーグは、KONAMIの野球コンテンツ(PS4版「実況パワフルプロ野球 2018」)を競技タイトルに使用した、プロ野球としては史上初のeスポーツリーグ。NPBに所属するセントラル・リーグ6球団、パシフィック・リーグ6球団のプロ野球全12球団それぞれに、プロテストやドラフト会議を経て1球団3名ずつのeスポーツ選手を登録。ペナントレースを戦い、リーグ代表戦を経てe日本シリーズで日本一を争うというもの。選手に対しては、活躍に応じてプロモーション協力費を報酬として付与することになっている。

 今回のe日本シリーズでは、混戦のセ・リーグを勝ち上がった横浜DeNAベイスターズと、11連勝を含む13勝2敗という圧倒的な強さでパ・リーグを勝ち上がった埼玉西武ライオンズとの間で、初代王者をかけて対決した。

 当日は、応援メンバーとして鈴木尚典氏や松下健太氏、DB.スターマンやレオといった両球団のプロ野球OBとマスコットが登壇しただけではなく、辻発彦監督とアレックス・ラミレス監督からのビデオメッセージが上映。また解説は真中満氏と谷繁元信氏が担当した。ちなみに応援メッセージや解説のトークのなかでは、実際のプロ野球において1998年にこの組み合わせで日本シリーズが行われており、このときはDeNA(当時は横浜ベイスターズ)が勝利したことに触れられていた。

 チーム3人が3イニングごとに交代しながら9イニングを戦う、1試合のみの一発勝負。試合は3回に、西武のミリオン選手がスクイズによる先制を皮切りに、DeNAのヒデナガトモ選手を打ち崩し、連打で大量5得点を奪った。以降、DeNAのじゃむ~選手とAO選手が小刻みに得点を重ねて詰め寄るが、西武のBOW川選手となたでここ選手がリードを守り切り、最終的に6対3で西武が勝利。初代王者に輝いた。

 セレモニーでは、12球団全選手にマスコットも登壇したなか、最優秀選手として、パ・リーグ個人タイトル5つのうち4つを獲得したなたでここ選手が選ばれ、表彰された。ボーカルユニットのベリーグッドマンが、eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018のエンディング曲である「プレイヤー」を披露し華を添えたほか、NPBコミッショナーの斉藤惇氏は、このパワプロ・プロリーグを来シーズンも行うことを明言。大きく盛り上がっていた。

 なおKONAMIでは、野球ゲーム「プロ野球スピリッツ」シリーズの最新作となる「プロ野球スピリッツ 2019」の発売日を4月25日に決定したこともあわせて発表した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]