logo

NVIDIA、自動車向けAIアーキテクチャの構築でメルセデス・ベンツと提携

Corinne Reichert (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2019年01月10日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは技術展示会「CES 2019」の壇上で、Mercedes-Benz車向けの人工知能(AI)アーキテクチャに関して、同社が構築を担うことを発表した。

 NVIDIAの最高経営責任者(CEO)を務めるJensen Huang氏は米国時間1月8日、「われわれは未来を見据えた新しい提携を発表する。自律走行車の未来、AIの未来、モビリティの未来を形作るコンピュータを開発していく」と語った。

 MercedesとNVIDIAが目指すのは、自動運転機能と「スマートコックピット」機能を備えた、単一システムの構築だ。これは電子制御ユニット(ECU)と呼ばれる、小さなプロセッサを複数組み込んだ現行システムとは一線を画すものだ。現在のシステムではウインドウ、ドアロック、パワーステアリング、ブレーキなどの各部分をそれぞれのECUが制御している。

 両社はすでにAI分野で提携しており、2018年のCESではAIを活用したコックピットを発表していた。現時点でMercedes-Benzの7モデルがこのコックピットを採用しており、2019年にはさらに9モデルが加わる予定だ。

 また、両社はBoschと共同で、2019年下半期にサンノゼでロボットタクシーサービスを始めることになっている。

NVIDIA
提供:NVIDIA

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]