logo

PepsiCo、スナックとドリンクの移動販売ロボットを大学で提供開始

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月07日 15時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スナック菓子を積んだロボットの一行が、カリフォルニアの大学で学生に軽食の販売を開始した。

  PepsiCoの「Hello Goodness」ブランドの「snackbot」は、車輪付きのクーラーボックスといった外観で、米国時間1月3日にストックトンにあるパシフィック大学で使用が開始された。このロボットは、iOSアプリでの注文に応じて同大学の175エーカー(約71万平方メートル)のキャンパスの50カ所に出向き、学生たちは注文したチップスなどのスナックやアイスティーなどのドリンクをロボットから取り出す。

PepsiCo
PepsiCoの「Hello Goodness」ブランドの「snackbot」は、車輪付きのクーラーボックスといった外観だ
提供:PepsiCo

 PepsiCoのイノベーションおよびインサイト担当バイスプレジデントを務めるScott Finlow氏は、ビールなどのアルコール飲料の販売は現在snackbotでは考えておらず、ベイクドポテトチップスなどのスナックや、お茶やStarbucksのコールドブリューコーヒーなどの飲料といったよりヘルシーな商品を取り扱っていると述べている。

 このロボットは1回の充電で20マイル(約32km)走行できる。進路を確認するためのカメラとヘッドライトを搭載していて、全輪駆動で急な坂を登ることもできる。学生は、Apple Payもしくはスマートフォンのアプリを通じてクレジットカードで商品の支払いを行うことができる。おおよそのサイズは、縦21.5インチ(約54.6cm)×横28.57インチ(約72.6cm)×高さ30.59インチ(約77.7cm)。

 Snackbotの稼働時間は平日の午前9時から午後5時までで、夜は稼働していない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]