logo
Kickstarter

目の前にいる人が誰なのか思い出させてくれるウェアラブルカメラ「OrCam MyMe」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」でウェアラブルカメラ「OrCam MyMe」を見つけたときは、ユーザーの胸に装着して前方を撮影する使い方をしているので、警察官向けボディカメラのようなデバイスだと思った。しかし、このカメラはそうした物騒なものでなく、もっとビジネスに役立つガジェットである。

目の前にいる人が誰なのか思い出させてくれるカメラ(出典:Kickstarter)
目の前にいる人が誰なのか思い出させてくれるカメラ(出典:Kickstarter)

 OrCam MyMeは、サイズが64.25×22.23×16.18mm、重さ17.2gのスティック型をした小さなカメラ。クリップでシャツの胸ポケットや首元に取り付け、前方を撮影できるようになっている。

 ただし、一般的なウェアラブルカメラと違い、OrCam MyMeは写真の間欠撮影やビデオの録画をしてライフログを記録するためのものでない。ユーザーの前にいる人を画像解析して識別し、コンタクトリストに登録済みの顔であればそれが誰なのかをBluetooth連携させたスマートフォンやスマートウォッチを通じて教えてくれるのだ。

相手を認識してスマートウォッチで通知(出典:Kickstarter)
相手を認識してスマートウォッチで通知(出典:Kickstarter)

 顔を覚えるのが苦手な人のほか、営業や広報といった毎日のように大勢の人と出会う仕事をしている人にとって、OrCam MyMeは救世主になるだろう。以前どこかで挨拶したことしか覚えておらず、名前や所属をすっかり忘れていても、スマートウォッチなどの通知ですぐに思い出して話をスムーズに始められる。

 初対面の人の顔をとらえた場合は、専用アプリのコンタクトリストに自動登録されるので、すぐに相手の情報を入力しておけば安心だ。名刺をスキャンして入力する機能も備えているという。登録者をアプリ上でグループ分けしたりタグ付けしたりすることも可能。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2019年1月12日まで。記事執筆時点(日本時間12月27日15時)でキャンペーン期間は16日残っているが、すでに目標金額3万9800ドル(約442万円)の3倍近い約10万2000ドル(約1133万円)の資金を集めている。

OrCam MyMeの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]