logo

ニューヨーク市警察、警官のボディカメラ「Vievu LE-5」爆発で使用中止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク市警察(NYPD)は、警察官の行動をビデオ録画する目的で装着させているボディカメラについて、爆発事故を起こしたVievu製「LE-5」の使用中止を命じた

ボディカメラ爆発で使用中止に(出典:NYPD/Vievu)
ボディカメラ爆発で使用中止に(出典:NYPD/Vievu)

 爆発事故が発生したのは、現地時間10月20日の夜。ある警官が深夜パトロール中、身に着けていたLE-5の底面から煙が出ていることに気付き、すぐに外したところ爆発したそうだ。内蔵バッテリが原因と考えられ、現在調査を進めている。

LE-5(出典:Vievu)
LE-5(出典:Vievu)

 NYPDはVievuの別モデル「LE-4」も導入しているが、こちらの使用は中止せず継続する。

 米CNETの報道によると、NYPDが使用しているボディカメラは合計1万5500台で、使用中止となったLE-5は2990台ある。LE-5を使用していた警官は、ボディカメラなしで勤務するという。

LE-5の紹介ビデオ(出典:Vievu/YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]