logo
Kickstarter

弁当を温められるバッテリ内蔵ランチボックス「steasy」--スマホでタイマー設定も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 例年になく暖かな晩秋から初冬だったが、いよいよ平年並みに寒くなってきた。ランチには温かいものを食べたいものの、暖かなオフィスから外へ出るのは嫌だ。そこで、昼は自宅から持ってきた弁当にしたい。ただ、残念なことに、弁当は冷え切ってしまう。

 そこで、料理を温められる弁当箱「steasy」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

料理を温められる弁当箱(出典:steasy公式Facebookページ)
料理を温められる弁当箱(出典:steasy公式Facebookページ)

 steasyは、225×179×75mmとやや大きなランチボックス。料理を入れるトレー、下からトレーを温めるバッテリ内蔵の本体、ふたを組み合わせて使う。本体には水を入れておき、バッテリの電力で水を加熱し、料理を温める。どこでも好きなときに温めることが可能なので、オフィスにある電子レンジの順番待ちをすることなく、いつでも温かなランチが食べられる。

トレー、バッテリ内蔵の本体、ふたを組み合わせて使う(出典:Kickstarter)
トレー、バッテリ内蔵の本体、ふたを組み合わせて使う(出典:Kickstarter)

 本体のボタンを押して温め始めるだけでなく、Bluetooth接続したスマートフォンのアプリからも操作できる。アプリにはタイマー機能が用意されていて、食べる時間をセットしておくとそれに合わせて温めが完了するので、温め忘れを防げる。

食べる時間をタイマーでセット(出典:Kickstarter)
食べる時間をタイマーでセット(出典:Kickstarter)

 ふたは4つのクリップで本体に固定され、steasyをどのような向きでバッグに入れても中身を漏らさないという。ふたとトレーは、食器洗い機で洗浄可能。

縦向きに入れても中身が漏れない(出典:Kickstarter)
縦向きに入れても中身が漏れない(出典:Kickstarter)
食洗機に対応(出典:Kickstarter)
食洗機に対応(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月17日まで。目標金額の10万スイスフラン(約1137万円)に対し、記事執筆時点(日本時間12月10日12時)で約6万2000スイスフラン(約705万円)の資金を集めている。キャンペーン期間はあと6日ある。

steasyの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]