logo

JR九州、スマホ決済「O:der」のShowcase Gigに数億円出資--公式アプリを強化

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年12月21日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプション

 九州旅客鉄道(JR九州)とShowcase Gigは12月21日、JR九州グループの鉄道事業や流通・外食事業などにおけるデジタルサービス強化を目的に、資本業務提携したことを発表した。これにあわせて、JR九州はShowcase Gigに出資しており、金額は数億円規模と見られる。

 Showcase Gigは、飲食店などの実店舗において、スマートフォンによる注文・決済に対応したモバイルオーダー&ペイプラットフォーム「O:der」を提供。同サービスによって、店舗利用者は券売機や店頭で並ぶことなくキャッシュレスで商品が受け取れ、店舗側はレジ打ちなどのオペレーションを削減できる。

モバイル決済システム「O:der」
モバイル決済システム「O:der」

 もともと両社は、共同開発の形で2016年より列車予約や時刻・運賃検索、JR九州運行情報など、基本的な鉄道アプリ機能に加え、ゲーミフィケーション機能なども搭載したJR九州の公式スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」を提供していた。これまでに75万ダウンロードを突破し、列車のネット予約に占める比率は毎月30%を超えるという。

 JR九州では、Showcase Gigが提供するO:derのようなスマート決済をはじめとした店舗のデジタル化を実現するソリューションに親和性を感じているほか、JR九州アプリの実績を踏まえ、今回の資本業務提携に至ったという。

「JR九州アプリ」
「JR九州アプリ」

 両社は今回の提携を通じて、JR九州アプリにおけるネット予約の操作性向上・利用シーンに応じた情報提供の最適化といった機能強化や、他の交通機関などを含めたシームレスな検索・予約などの実現の検討に取り組む。また、Showcase Gigの持つ技術力やノウハウを活用し、JR九州グループの流通・外食事業などの現場における人手不足やキャッシュレス化、インバウンド対策といった課題に取り組むという。

 Showcase Gigは10月にJR東日本スタートアップと資本業務提携し、同社から数億円の出資を受けたばかり。両社で駅ナカ施設の混雑緩和やキャッシュレス化を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]