logo

マイクロソフト、コンシューマー向け「Microsoft 365」バンドルを準備中か

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年12月13日 10時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがコンシューマー向けの新たなサブスクリプションバンドルに取り組んでいるようだ。「Microsoft 365 Consumer」という名称になると考えられる。同社の法人ユーザー向けサブスクリプションバンドルである「Microsoft 365」のコンシューマー向けバンドルに相当するものとなるはずだ。

 Microsoftは最近、複数の人材募集情報でコンシューマー向けのサブスクリプションバンドルについて言及しているものの、正式には何も発表していない。

 「Product Manager, M365 Consumer Subscription」(Microsoft 365コンシューマー向けサブスクリプションの製品マネージャー)という募集要項には、「Subscription Product Marketing(サブスクリプション製品マーケティング)チームは、Microsoft 365 Consumerサブスクリプションを作り上げ、スケールさせるための新たなチームだ」と記されている。募集要項によると、このサービスの製品マネージャーは「新たに設けられる素晴らしいMicrosoft 365 Consumerサブスクリプションの定義や開発、位置付け、マーケティング」を支援するという。

 この募集要項によると、Microsoft 365 Consumerを担当するチーム(Modern Life & Devicesチーム)は、「Windows」プラットフォームや「Microsoft Surface」デバイスのポートフォリオ、「Office 365」のコンシューマー向け計画、「Skype」「Cortana」「Bing」を含む領域を手がけるとともに、Microsoft Educationチームと連携するという。

 Microsoft 365 Consumerにどういったものが含まれるのかと問われれば、筆者は「Windows 10」の特定エディションや、「Office 365 Home」「Skype」「Cortana」「Bing」「Outlook Mobile」「Microsoft To-Do」、そしておそらく「MSN」のアプリやサービスといったものではないかと考えている。ひょっとしたら、このサブスクリプションはSurfaceデバイスでのみ利用可能なものかもしれない。また、Surfaceデバイスの月間リース料金もサブスクリプションにバンドルされるかもしれない(思いつきで述べているだけだが)。

 複数の読者が指摘しているように、Microsoftは新たに出荷されるWindows PCに対して、Windows 10を「無償」で提供している。筆者は、今回のコンシューマー向けバンドルによって「無償のWindows」が消滅すると述べているわけではない。筆者の考えは、Microsoft 365 Consumerが唯一の選択肢ではなく、現在の「Microsoft 365 Business」と同様に1つのオプションになると考えている。

 筆者は、Microsoft 365 Consumerのリリース時期についてMicrosoftに問い合わせた。担当者は、「現時点でこれ以上共有できることはない」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]