logo

楽天LIFULL STAYとLSF、宿泊施設開発へのファイナンス支援で業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天LIFULL STAとLIFULL Social Funding(以下、LSF)は11月30日、「Rakuten STAY」の宿泊施設開発へのファイナンス支援に関する業務提携に合意した。

 楽天LIFULL STAYは、民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」を運営。一方のLSFは、不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULLの子会社で、寄付型クラウドファンディングサイト「JAPANGIVING」を運営している。

 本提携は、Rakuten STAYの宿泊施設開発を目的としており、楽天LIFULL STAYが持つ旅館業および民泊事業の知見、LSFが持つ資金調達やファンド運営の知見を活用し、各地域での施設開発を促進するという。LSFが11月21日に設立した「LIFULL地域創生1号投資事業有限責任組合(以下、LIFULL地域創生ファンド)」からのファイナンス支援を活用する。

 LIFULL地域創生ファンドはLSFが設立し、LIFULLが出資者としてすでに参画。日本国内の活用されていない不動産を、民泊施設や簡易宿所、ホテルなどに利活用し、投資することで、地域を活性化する仕組みを作る。

 金融機関や企業などの出資者は、有限責任組合員として、LIFULL地域創生ファンドに出資することにより、地域創生に必要なファイナンス支援を行うことが可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]