logo

「Apple Watch Series 4」の心電図機能、「WatchOS 5.1.2」でサポートか

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年11月29日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが9月に「Apple Watch Series 4」を発表した際、目玉機能の1つとしていた心電図センサは、現在ベータ版を公開中の「WatchOS 5.1.2」でサポートされるようだ。

 MacRumorsは、Appleが作成した店員向けの研修用文書を入手したと報じており、その中で、心電図センサのデータを活用するために必要なアプリが、11月にベータ版になった次回更新のOSに入ることが示唆されているという。この機能は当初、米国内でのみ展開される予定だ。

 さらにこの研修用文書には、実際のデータ収集にはiPhoneとのペアリングが必要で、この機能は現在ベータ版で次回更新予定の「iOS 12.1.1」に搭載されるとの記述があるという。心電図機能を用いるには、「iPhone 5S」以降の端末が必要になるとされる。

 MacRumorsによると、この文書には、Apple Storeの販売員は購入を検討する顧客に対し、このアプリが「診断機器としての使用や、従来の診断手法を置き換えることを意図したものではない」点や、「病状の観察や追跡に使うべきではなく、使用中の薬を変更する際はまず医者に相談するべきである」点を、注意しなければならないと書かれているという。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

提供:Josh Miller/CNET
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]