logo

LINE、個人向けローンとスコアリングサービスを提供へ--みずほやオリコと合弁会社

藤井涼 (編集部)2018年11月27日 16時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEとみずほフィナンシャルグループは11月27日、各社グループ会社であるLINE Financial、みずほ銀行、オリエントコーポレーション(オリコ)を引受先とする、LINE Creditによる第三者割当増資実行について合意したと発表した。この取引は2019年春に完了予定で、出資比率はLINE Financialが51%、みずほ銀行が34%、オリコが15%となる予定。

3社による合弁会社となる「LINE Credit」
3社による合弁会社となる「LINE Credit」

 LINE Financialではこれまで、コミュニケーションアプリ「LINE」を通じて、投資サービス「LINEスマート投資」、保険サービス「LINEほけん」を展開している。5月には、スコアリングサービスやローンサービス準備のためにLINE Creditを設立しており、今回サービス開始に向けた増資実行を決定した。

 LINEの金融事業拡大の一環として、スコアリングサービスやローンサービスを展開するにあたり、LINEが持つ国内月間利用者数7800万人のユーザーベースに加え、みずほ銀行やオリコが持つ与信審査ノウハウ、関連する蓄積データを生かしたサービスを提供すべく、各社で今回の決議にいたったという。

LINE Creditでは、個人向けスコアリングサービス「LINEスコア」や、個人向け無担保ローンサービス「LINEポケットマネー」を提供する
LINE Creditでは、個人向けスコアリングサービス「LINEスコア」や、個人向け無担保ローンサービス「LINEポケットマネー」を提供する

 3社による合弁会社となるLINE Creditでは今後、個人向けスコアリングサービス「LINEスコア」や、個人向け無担保ローンサービス「LINEポケットマネー」の提供に向けて、準備を進めるとしている。

 LINEスコアは、独自のスコアリングモデルによる審査のもとスコア化することで、ユーザー個人の信用評価の可視化、さまざまなサービス提供時における最適な条件提示を実現するとしている。みずほ銀行とオリコが持つ与信審査ノウハウに加えて、非金融領域のデータとして、LINEプラットフォーム上での行動傾向データを活用し、ユーザーの追加情報入力などを踏まえて、総合的にスコアを算出するという。なお、スコアの算出は、ユーザーからの同意をもとに行うとしている。

 無担保ローンサービスのLINEポケットマネーでは、上記のスコアリングモデルによってユーザーが得たスコアに応じて、ユーザー1人ひとりに適した貸付利率(年率)と利用可能額を決める。急な飲み会などの交際費、出張などの立て替えや医療費など、突発的な資金需要への対応を想定し、申し込み~借り入れ~返済までのすべてのフローがアプリ上で完結するサービスモデルを検討していくという。

LINEポケットマネーでは、スコアリングデータを活用
LINEポケットマネーでは、スコアリングデータを活用
信用評価方法
信用評価方法

 各サービスの具体的な内容については、今後サービス開始時に改めて告知するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]