logo

DMM、プログラミング教育「WEBCAMP」のインフラトップを買収

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年11月22日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DMM.comは11月22日、社会人向けプログラミングスクール「WEBCAMP」を運営するインフラトップを買収したことを発表した。11月21日付けで同社の発行済み株式の60%を取得した。また、インフラトップに、新たにDMMから2名の取締役(COOの村中悠介氏、CTOの松本勇気氏)が就任する。

左から、DMMのCTOである松本勇気氏、インフラトップ代表取締役/CEOの大島礼頌氏
左から、DMMのCTOである松本勇気氏、インフラトップ代表取締役/CEOの大島礼頌氏

 インフラトップでは、WEBCAMPを通じて約3000名の卒業生を輩出。中でも転職に特化したコース「WEBCAMP PRO」は、プログラミング未経験者が3カ月間でエンジニアになれることを保証する「転職保証」が特徴で、現在卒業生の転職成功率は98%、転職後の離職率は0%だという。

 DMMのCTOである松本氏は、インフラトップのチーム開発を含めたカリキュラムによる実践的な教育や、その後の就職率の高さなどを評価。また、日本では多くの組織でエンジニア不足が嘆かれており、同社も同様の課題を抱えているため、新たな事業を生み出すためにも、エンジニアとして活躍できる人材を市場に増やしていく必要があると説明する。

社会人向けプログラミングスクール「WEBCAMP」
社会人向けプログラミングスクール「WEBCAMP」

 そこで、今回の提携を通じて、40以上のサービスを展開してきたDMMのマーケティング、ビジネスノウハウや資本を提供し、プログラミング教育市場が抱えている課題を解消するための実践的なプログラムの開発を検討するという。具体的には、DMMを“実験の場”として活用し、実戦的なエンジニアスキルが身につく法人研修プログラムをともに作るとしている。

 DMMでは、若手起業家が挑戦できる機会の創出に向けて、スタートアップ支援やベンチャー・コミュニティ活性化に向けた投資・買収を積極的に展開している。11月12日には、お墓や葬儀など、終活全般に関する情報ポータルサイトを運営する「終活ねっと」を買収していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]