logo

DMM、「終活ねっと」を買収--終活サービスのITインフラ化を加速

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年11月12日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DMM.comは11月12日、10月31日付で終活ねっとと資本業務提携契約を締結したと発表した。同社は、終活ねっとの発行済株式の51%を取得して子会社化する。買収金額は非公開。

 終活ねっとは、お墓や葬儀など、終活全般に関する情報ポータルサイトを運営するスタートアップ企業。終活の情報を発信するメディア「終活ねっと 〜マガジン〜」、終活サービスの比較サイト「終活ねっと」の2サービスを展開している。

終活情報ポータルサイト「終活ねっと 〜マガジン〜」
終活情報ポータルサイト「終活ねっと 〜マガジン〜」

 同社の代表は現役東大生の岩崎翔太氏、主要メンバーは4人でいずれも20代前半。そのほか、ライター・編集者として、大学生を中心に約40人が在籍してるという。2017年12月には8300万円の資金調達を実施しており、累計調達金額は1億円。

 DMMによると、今後同社グループが保有する人材やサービス基盤、資本、ビジネスノウハウを活用することで、終活サービスのITインフラ化に向けた整備、サービス拡大を加速すべく、同社から取締役2名(執行役員 セールスソリューション本部 本部長 緒方悠氏、経営企画室 室長 市村昭宏氏)が就任することを含む資本業務提携契約を、終活ねっとと締結したという。

 DMMは、若手起業家が挑戦できる機会の創出に向け、スタートアップ支援、ベンチャー・コミュニティ活性化に向けた投資・買収を積極的に行っている。10月には、若手起業家への支援を目的としたベンチャーキャピタル「DMM VENTURES」を立ち上げているが、今回の投資はDMM本体によるものだという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]