logo

「Windows 10」最新版で「iCloud」の利用に問題、更新をブロック中

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2018年11月20日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがリリースした「Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)」に複数の問題が見つかっており、その数はさらに増えている。

 Microsoftがこのほど認めた新たな問題は、Appleの「iCloud」およびF5 NetworksのVPNとの親和性に関するものだ。

 Microsoftは米国時間11月16日、「iCloud for Windows」(バージョン7.7.0.27)を利用するユーザーへのWindows 10バージョン1809の提供をブロックした。この影響を受けるのは、10月8日にリリースされたiCloudのセキュリティアップデートをインストールしたWindowsユーザーだ。

 また、すでにWindows 10バージョン1809に更新したユーザーも、iCloud for Windowsバージョン7.7.0.27をインストールできないようになっている。Microsoftのサポートページによると、同バージョンはサポートされていないためインストールできないというメッセージが表示されるという。

 iCloudの問題はAppleも確認しており、これによりiCloudの共有アルバムの同期に問題が生じる場合がある。iCloud for WindowsがインストールできないためiCloud上の写真をダウンロードできないと嘆くユーザーもいる。

 「Microsoftは今後のリリースで、Windows 10バージョン1809に対応するiCloudを提供できるようにAppleと協力している」とMicrosoftは述べている。

 Microsoftはまた、バージョン1809への更新後、F5 NetworksのVPNサービスでネットワーク接続が失われる問題が生じていることも確認している。この問題に関するF5 Networksのサポート情報は10月6日に公開されており、これはMicrosoftがバージョン1809を最初にリリースした数日後のことだ。

 Microsoftは修正に取り組んでおり、「今後のリリースでアップデートを提供する」と述べている。またその間、F5 NetworksのVPNを利用しているユーザーに対しては、バージョン1809の提供をブロックしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]