logo

グーグル、「Wear OS」のアップデートでバッテリ関連の新機能追加

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月19日 08時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは、「Wear OS」のインターフェースを改善してきたが、次のアップデートでバッテリ持続時間を改良しようとしている。

Wear OS
提供:Google

 同社は米国時間11月15日、「System Version: H」というアップデートについて情報を公開した。このアップデートによって、一回の充電でより長時間使えるようにすることを目的とした複数の機能が追加されるようだ。

 主な機能の1つはバッテリセーバーモードだ。バッテリ残量が10%以下になると、スマートウォッチに時間のみを表示するという。

 また、30分以上動きがないと、スマートウォッチはディープスリープモードになり、バッテリを節約する。そのため、腕からはずしていたスマートウォッチを使おうとしたら、バッテリがなくなっているというような心配はなくなる。

 さらに、スマートアプリの再開機能(前回終了したときの状態が維持され、再開できる)のほか、2ステップでスマートウォッチの電源をスムーズにオフにする機能(電源ボタンを長押しすると電源オフ画面が表示され、電源オフか再起動を選択できる)が追加される。

 Googleによると、アップデートは「数カ月」の間に段階的に提供される予定だ。デバイスにこのアップデートが適用されるかどうかはメーカー次第だという。

Wear OS
提供:Ben Fox Rubin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]