logo

ソフトバンクC&S、GLIDiCブランドのワイヤレスイヤホン3製品

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク コマース&サービスは11月15日、「動くひとの、音」をキーメッセージにしたモバイルのためのオーディオブランド「GLIDiC」の新製品3製品を11月30日より順次販売すると発表した。

 GLIDiC史上、最高のスペックを誇る完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」。SEシリーズの高級感を継承し、音質と快適さにこだわったネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン「Sound Air WS-5100」。「Sound Air TW-5000」に機能追加した「Sound Air TW-5000s」の3製品をラインアップする。

 なお、Sound Air TW-5000sは11月30日、Sound Air TW-7000とSound Air WS-5100は12月14日から、それぞれSoftBank SELECTION 取扱店(一部店舗を除く)および、SoftBank SELECTION オンラインショップにて販売を開始する。

 Sound Air TW-7000は、「音も、自由も、進化する。」をコンセプトに開発。有線イヤホンにも引けを取らない豊かなサウンドが楽しめるGLIDiC史上、最高のスペックを誇る完全ワイヤレスイヤホンだという。

 わずか10分間の充電で約2時間再生可能な「Fast Charge」を実現。フル充電時はイヤホン単体で約9時間(充電ケース併用で約25時間)の長時間再生が可能。また、長時間の着用による耳への負担を軽減するため、カスタムイヤホンメーカーのカナルワークスの監修の下、耳へのフィット感を追求した独自のイヤホン形状で、快適なフィット感と遮音性を実現した。

 そのほか、イヤホントップに奥行きのある鏡面処理を施して高級感のあるデザインを採用し、充電ケースはポケットにスムーズに入るスリムさと手に馴染む形状で、持ち運びやすさを重視している。SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格は1万4990円。

キャプション
キャプション

 Sound Air WS-5100は、「音をまとう。時を楽しむ。」をコンセプトに開発、首回りにフィットするネックバンド形状で、金管楽器をモチーフにしたアルミハウジングのワイヤレスイヤホンとなっている。

 わずか10分間の充電で約5.5時間再生可能で、フル充電は約27分間で完了する「Fast Charge」を実現。直径10mmの大口径ドライバーによる広大なダイナミックレンジにより、すべての音域を余すことなく忠実に再現できるという。

 さらに、迫力のある重低音重視のサウンドに切り替えられる「Bass Sound Mode」を搭載。持ち運びやすさにもこだわり、ネックバンドに柔軟な素材とマグネットを採用することでコンパクトにまとまり、スーツなどのポケットにもスマートに収納できる。SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格は8510円。

キャプション
キャプション
キャプション

 Sound Air TW-5000sは、従来モデル「Sound Air TW-5000」の価格はそのままに新機能を追加。音楽などを聴いている状態でも周囲の音を認識することができる「Multi-communication Mode」の搭載や、ケース収納時のスタンバイ時間が約4倍の最大60日になるなど、ユーザビリティが大きく向上している。

 そのほか、充電ケースや多機能ボタンによるリモコン機能などは「Sound Air TW-5000」の特徴をそのまま継承した。SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格は9860円。

キャプション
キャプション
キャプション
キャプション

 Sound Air TW-7000とSound Air WS-5100は、充電時間を短縮。充電を忘れてしまっても外出前の短時間で十分な充電ができるなど、充電の負担を最小限に抑える「Fast Charge」を実現。省電力設計により、連続再生時間も大幅に向上している。

 Sound Air TW-7000とSound Air TW-5000sは、外部の環境音を取り込める「Multi-communication Mode」を新たに搭載し、音楽などを聴いている状態でも周囲の音を認識できるのが特徴となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]