logo

顔認証と指紋認証に対応--シャープ、約5.2インチの「AQUOS R2 compact」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは11月15日、幅64mmのコンパクトボディにハイエンドモデルの性能を凝縮したスマートフォン「AQUOS R2 compact」を2019年春モデルとして商品化し、ソフトバンク向けに2019年1月中旬以降(予定)に発売すると発表した。

スマートフォン「AQUOS R2 compact」
スマートフォン「AQUOS R2 compact」

 なお、同社が発売するモデルはディープホワイトとピュアブラックの2色展開だが、ソフトバンク向けモデルはスモ―キーグリーンを加えた3色展開になる。

スマートフォン「AQUOS R2 compact」
(左から、ディープホワイト、ピュアブラック)
スマートフォン「AQUOS R2 compact」
(左から、ディープホワイト、ピュアブラック)
ソフトバンク株式会社の“ソフトバンク”向け「AQUOS R2 compact」
(左から、スモ―キーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラック)
ソフトバンク株式会社の“ソフトバンク”向け「AQUOS R2 compact」
(左から、スモ―キーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラック)

 本製品は、幅64mmのコンパクトボディに約5.2インチのフルHD+(2280×1080dpi)の「ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ」を搭載したのが特徴。

 また、独自の倍速駆動と従来機(2017年発売のAQUOS R compact)比で約1.6倍の高速応答により、画面スクロール時の残像を抑え、よりなめらかな表示が可能だという。

 ディスプレイの上部にインカメラ、下部に指紋センサを配置したAQUOS初の「ダブルノッチデザイン」を採用。顔認証と指紋認証の2通りの認証方式により、手袋着用時には顔認証、暗い場所では指紋認証と、利用シーンに応じてロックの解除方法が使い分けられる。

 なお、指紋センサは、「ホーム」や「戻る」、「アプリ切替」操作キーとしても使用可能。さらに、光学式と電子式のW手ブレ補正に対応した有効画素数約2260万画素のカメラを背面に搭載。片手で操作しても手ブレを抑え、シャッターチャンスを逃すことなく鮮明で高画質な写真や動画を撮影できる。

 CPUには、Qualcomm Snapdragon 845(SDM845) 2.8GHz+1.7GHzを搭載し、RAM 4GB/ROM 64Gバイトのメモリを採用している。

 外形寸法は、約131mm×64mm×9.3mm。重量は、約135g。OSは、Android 9 Pie。バッテリ容量は、2500mAh。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]