logo

中国でAIアナウンサー登場--新華社報道チームのメンバーに

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年11月09日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の国営通信社である新華社通信と、北京を拠点に検索エンジンを手がけるSogou(搜狗)は現地時間11月7日、上海近郊の烏鎮で開催中の「World Internet Conference」で、2人の「人工知能(AI)合成アナウンサー」をデビューさせた。1人は英語、もう1人は中国語の視聴者向けだ。新華社の報道によると、最新のAIテクノロジを利用して、実在するアナウンサーから「コピー」しており、同じ顔と声を持つという。

 ニュース報道の映像から人間のアナウンサーの話し方や唇の動き、顔の表情を使い、特徴を抽出して組み合わせた。人間のアナウンサーが働くのは毎日8時間だが、AIのクローンは24時間365日休まずにニュースを読むことができる。

 新華社は記事の中で次のように述べている。「AIアナウンサーは正式に新華社報道チームの一員となった。他のアナウンサーたちとともに、信頼性が高く、タイムリーで正確なニュース報道を中国語と英語でお伝えしていく」

 新華社のAIアナウンサーは、同通信社の英語と中国語のアプリ、「WeChat」(微信)の公開アカウント、テレビ番組のウェブページ、「Weibo」(微博)のアカウント2件などの配信チャンネルで活躍する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]