logo

Facebook、中間選挙直前に削除したアカウントについて追加コメント--露IRAの関与を示唆

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月08日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間11月6日遅く、「不審な行動」との関与が疑われるとして4日夜に閉鎖した115件のアカウントが、ロシアのInternet Research Agency(IRA)に関連している可能性があると明かした。

 Facebookは当初、「外国組織」とのつながりが疑われるためFacebookのアカウント30件とInstagramのアカウント85件をブロックしたとだけ述べていたが、米国中間選挙の投票日の晩に詳しい情報を明かし、また同様の疑いがあるその他のアカウントも削除したと述べた。

 「6日の晩、IRAと関連があるとみられるウェブサイトが、自分たちが作成したと主張するInstagramのアカウントのリストを公開した。当社はすでに前日にこれらのアカウントのほとんどを閉鎖したが、残りのアカウントも今は閉鎖されている」と、Facebookのサイバーセキュリティポリシーを統括するNathaniel Gleicher氏が米CNETへの電子メールの声明で述べた。

 2017年、Facebookはロシアの組織が2016年の米国大統領選挙に介入した証拠を見つけたと発表した。同社はこれまでに何百ものアカウントを削除しており、その中にはイランの政治宣言と関わりがあるものも含まれていた。同社はその後、「election war room」(選挙対策の作戦室)を設置し、中間選挙の時期が迫る中で偽情報拡散の阻止に奮闘していた。

NurPhoto

ロシアのIRAと関連があるとみられるウェブサイトが、疑いのあるInstagramのアカウントのリストを公開したとFacebookは述べている。
提供:NurPhoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]