logo

「WatchOS 5.1.1」がリリース、「Apple Watch」文鎮化問題を修正か

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月06日 06時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは先週、「WatchOS 5.1」をリリースしたが、複数の「Apple Watch Series 4」で文鎮化が生じたことが報告された直後に、同アップデートの配信を停止していた。

 その問題がこのほど修正されたようだ。Appleは米国時間11月5日、「WatchOS 5.1.1」をリリースした。この新しいソフトウェアには、WatchOS 5.1で予定されていた転倒検知機能の改善などが含まれている。

 また、9to5Macが確認したAppleのリリースノートによると、WatchOS 5.1.1では、トランシーバーやアクティビティバッジの問題も修正されているという。

 Appleにコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。

Apple Watch
Apple Watch
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]