logo

freee、グループの経営情報を可視化し業務を効率化する「連結決算キット」

佐藤和也 (編集部)2018年11月05日 17時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freeeは11月5日、「クラウド会計ソフト freee」において、グループ経営における連結決算業務をクラウドで効率化できる「freee 連結決算キット」の提供を開始すると発表した。

 これは、子会社で利用している会計freeeの試算表データを、API連携を用いてGoogleスプレッドシートに出力し、自動で収集、連結修正する外部ツールとなっている。

 グループの経営状態を把握するには、子会社からのデータ収集や、勘定科目の変換、内部取引の相殺など、煩雑な手続きを多く伴うほか、子会社ごとに違ったツールを使っている場合や、勘定科目が統一されていない場合は、転記などの手間がさらに膨大となり、月次決算の遅れにつながることがあったと指摘する。 

 従来のエクセルベースの業務で発生していた手作業を自動化することにより、収集や合算、修正などの手間を省き、リアルタイムでの予実管理やキャッシュフローなどの把握を可能にするとうたう。

 このサービスは、グループ経営を行う中堅企業に向け、会計freeeのエンタープライズプランのオプションとして提供する。なお、金融商品取引法で定められたような、開示書類としての連結財務諸表の出力はできないとしている。

「クラウド会計ソフト freee」
「クラウド会計ソフト freee」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]